空谷の跫音(くうこくのきょうおん)

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり楽しかった!韓国ドラマ「カッとナム・ジョンギ」

<<   作成日時 : 2017/06/19 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ」
(ウック(カッと)・ダジョンというのがタイトルの由来らしい)

やっと見終わった。

HDDの残量の関係やらバラエティやらラジオやらで

なかなか進まなかったが、やはりユン・サンヒョン

外れがないな〜。

ざっと内容を…と思ったけれど、そんなものは検索

すればあちこちに出てるだろうから割愛。

記憶が無くならないうちに特に印象的だったところを

あげていく。注意ネタバレ関係なしに書いてます!※)

・ダジョンをはじめとする登場人物のファッション
韓ドラはほぼそうだが、日本だとあり得ないビビットな配色、デザインのファッション。
しかもコスメ会社が舞台なので会社の内装もカワイイ。男性はそれらを引き立てるためにやや控えめだったかも?


・ジョンギのYESマンぶりと弟の密かな奮闘
ダジョンの車に傷をつけた…というのがことの始まりのこのドラマ。返済がわりに彼女のどんな理不尽な意見にも「YES」。そのたびに返済が積立されるシステムだったので、気が弱い&正義感が強いジョンギがうなだれながら「本部長の仰る通りです」と答える姿が笑える。ぷー太郎の弟も陰ながら(というか本当に車に傷つけたのは弟!)ダジョンのミッションに応えて頑張った。

・ジョンギの息子と父親がツボ
ジョンギはシングルファーザー。息子(9歳)はお向かいのきつい女ダジョンに好意。
ダジョンのような堂々・きっぱりした存在が家にいないからか、毒舌のダジョンになついて、しまいには「結婚したい!」と言い出し、ジョンギと祖父(ジョンギ父)を倒れ込ませてしまう。子供とダジョンのやりとりはあくまでも1対1なので清々しい。
父はぬいぐるみのような容貌で善人だが、最後には恋人をGET。こういうところも韓ドラならでは。


・ユン・サンヒョンの演技
韓ドラのコメディ力は毎度すごい!と感心してしまう。効果音や演出など、あげたらきりがないが、主人公ジョンギを演じたユン・サンヒョンの優柔不断っぷりは本当に素晴らしかった。接待(屈辱の連続)、仕事(出来る男&口紅を試すシーンなど)、家でのパパぶり、ダジョンとの関係(怯えたり憧れたり)…どの演技も笑えて、ちょっと可愛いのだ。

あとは社員たち。

ジョンギの会社社長とダジョンを目の敵

にする元請け会社常務。

下請け(ジョンギの会社)へ来る人が

理不尽な目に遭い、じゃじゃーーん!

『下請け会社へようこそ!』という

垂れ幕がCGで下がるシーンも

良く出来ている。

気軽に楽しめる社会派?コメディドラマ

として、ストレスが溜まった人におススメ

したい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Gポイント
やっぱり楽しかった!韓国ドラマ「カッとナム・ジョンギ」 空谷の跫音(くうこくのきょうおん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる