空谷の跫音(くうこくのきょうおん)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハッピーレストラン〜家和萬事成」 視聴終了。あ〜良かったと感じた結末ベスト3!

<<   作成日時 : 2017/09/16 14:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

韓国ドラマ「家和萬事成(カファマンサソン)」
※<家和萬事成>韓国のことわざ。家が平和であれば全てのことがうまくいくという意味

全51話を昨日やっと見終わった。

約1か月も掛かるとは…

あらすじはあっちこっちのブログで書かれて

いるだろうから割愛。

注意※以下ネタバレまくってます!!

ずっとイライラする内容で、最後まで好感を持てた

登場人物はポン家の大黒柱の妻、スンニョだけ

だった。

まあそれでも涙するところもあり、考えさせられる

ところもあり、楽しいドラマだった。


ーーで。

それぞれの結末が出そろったわけだが、中には

見ている途中、こいつは絶対許せん!!

と、心に固く誓った人さえ、だんだん終わりに近づ

くと勘弁してやろうかと、心揺れる展開が多かった

韓ドラ「家和萬事成(カファマンサソン)」
(この手のホームドラマは大概そう)

そうはいくもんか、と一人で勝手に戦い、迷い、

納得、そしてすっきり、やっぱりそうでなくっちゃ!

と心底思った、あくまでも私の主観的、

納得の結末ベスト3
を挙げたい。

とんでもなく不謹慎なことを書いてしまうかも

しれないが、これはあくまでも“ドラマ”であり

一か月という長い時間を費やし、熱中した

結果だ、ということをどうか理解して欲しい。

では、ハッピョーします!

1、ヒョンギが遠く、ヘリョンから離れて死んだこと
(母親と2人、僅かな余命を過ごすため、そしてヘリョンを解放するため、海外へ。その飛行機の中で安らかに息を引き取る)

2、ミスンが最後までポン・マノとよりを戻さなかった!
(娘たちが哀願するも、女として・妻として傷つけられたこと、娘たちを巻き添えにしたことを許さず、独立し、程よい距離を保って生きることを選択。マノは自分のバカさに最後まで気づかず、反省しない超・楽観男だった)

3、最後にヘリョンがスンニョのブーケを受け取ったこと
(ヒョンギのことで別れる形となったヘリョンがジゴンと再会(1〜2年後?)。サムボンとのリマインドウエディングでスンニョがブーケトスしたところ、娘のヘリョンがそれを受け取り、良い雰囲気で終わった)

え〜と……。

1番目は不謹慎です。申し訳ない。

でもあれほど酷いことを母親とダブルでしておいて

しかも…ああぁぁ…ヒョンギとその母親については

どうしても、どうしても許せなかった。

それほどイ・ピルモさんとソ・イスクさんが良い演技

をした、という結論で勘弁してほしい。

スンニョがとにかく良いキャラクターで、彼女には

何度も救われ、胸がすっとした。

ぺ・スンニョ、最高!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Gポイント
「ハッピーレストラン〜家和萬事成」 視聴終了。あ〜良かったと感じた結末ベスト3! 空谷の跫音(くうこくのきょうおん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる