空谷の跫音(くうこくのきょうおん)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新倫理バラエティ!正義か悪か!?」で再び体罰を考える

<<   作成日時 : 2017/09/10 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前にこんなことを書いた。

当の中居クンは相変わらずなので、あまり

深く掘り下げないほうが良さそう。

ただ、そのずっと後。つい先日。

日野皓正氏の体罰疑惑?事件が起きた。

今度はそれを巡って、またも私が好きなタレント

太田光氏がやり玉にあがることとなった。

彼は生放送で真向批判。太田さんはあの

番組では司会・ボケに徹しているので、
(と、私は解釈している。ゲスト、パネラーがいる場合は自分の位置を使い分けている)

滅多に自分の、しかも本気の感情を表に出す

ことはないのだ。それでも許せない、と彼は

思ったということだ。

後にラジオで「感情にまかせて激高するなんて

俺も日野皓正と一緒だ」
と反省していた。

ますます太田さんが好きになった。

…ということがある前に。

実は「新倫理バラエティ!正義か悪か!?」

という番組で、なんと、体罰についての議論が

あったのだ。放送は日野さん事件よりずっと前

長嶋一茂さんが体罰を“正義”とし、文筆家の古谷

経衡(つねひら)氏は「それは全くの暴論」と言い切

った。された側が、“愛”という名目で同じことを

やり返していいのか、と問うと(一茂さんの言う体罰は

教師と生徒の関係)
それは

“上下関係”があるからダメだ、という。

それはパワハラだ、と古谷さん。

その番組での太田さんはむろん“悪”と判定していた

が、やはりボケを忘れていなかった。むしろ仲裁に

入って、番組を和やかにしようとしていた。

やっぱり体罰は悪だよ!ーーと私は改めて思った。

古谷さんが言う「逆でも愛があればOKか?」という

説明は凄く納得がいった。

信頼と愛があれば逆はOKか?

これが今後の私の「体罰か否か」の判断基準に

なるだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Gポイント
「新倫理バラエティ!正義か悪か!?」で再び体罰を考える 空谷の跫音(くうこくのきょうおん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる